写真で行なう結婚式

近年話題のフォトウェディングという考え方は最近のものなので、親族や両親から理解してもらう必要があります。 結婚式は、両親への感謝の気持ちを伝えられる大切な場でもあります。フォトウェディングの場合はこの場を持つことができないので、別途設けるのがおすすめです。両家を集めて食事会をするなど、しっかりと両家が顔を合わせて親睦を深められる場所を作るのがベストです。そうすれば、フォトウェディングを理解できないという親族や両親からも気持ちよく送り出してもらいやすくなります。

フォトウェディングで少しでも魅力的な納得のいく写真を撮るためには、あらかじめ準備をすることが大切です。当日すべて業者に丸投げせず、自分がどのような写真を残したいのかについて、具体的に考えておくことが大事です。特に新婦の場合、髪形とイメージで決まるといっても過言ではないのです。たとえば、エレガントで上品なイメージと伝えるのと、キュートで若々しいイメージと伝えるのとでは、髪形もメイクも大きく変わります。理想通りの仕上がりになるよう、希望を聞かれたら具体的に答えられるようにしておく必要があります。 また、笑顔や姿勢の練習をしておくのも綺麗に撮られるコツです。鏡の前でバストトップの位置や肩の高さが平行になるよう座る練習をしておくだけでも仕上がりが変わってきます。自然な笑顔の練習も効果的です。